メールのマナー

みなんさんは、仕事をする上でビジネスマナーは身についていますか。
仕事で大切なことのひとつに、コミュニケーションがありますが、コミュニケーションを良くしていくには、ビジネスマナーが大切になってきます。
そこで、ここでは、いくつかのビジネスマナーについてお教えします。

最近は、仕事上、ほとんどの人はメールを使っていることでしょう。
メールは、実際に顔を合わせて話をするわけでないのですが、メールにもきちんとマナーがあります。

まずは、メールの件名です。
件名の文字数は少ないことが大切ですが、件名を見ただけでなんの件のメールなのかを相手にわかってもらう必要があります。
また、返信をもらいたい、確認してもらいたいといった相手に何か要求するようなメールの場合は、そのことも件名でわかるようにしておきます。
さらに、メールの発信元である自分をしっかり表示するようにしておくことも大切です。

メールの本文については、いくつか考慮する点があるので下記に示します。

・書き出しのあいさつは極力短くする。

・1行25~35文字程度とする。

・箇条書きにしてわかりやすい文章にする。

・文字数を極力少なくする。

・5行のまとまりで1行あけるなど、全体を見やすくする。

・本文の最後に署名する。

このようにメールは、相手にとって読みやすくわかりやすい内容にすることが大切です。

ただし、メールで最も大切なことは、本当にメールで相手に伝えてよいかどうかという点です。
メールは、大変便利なツールですが、急ぎの要件であったり、相手に謝罪しなければならなかったりする内容は、メールは不向きです。
そのような場合は、電話の方が適しています。
また、重要なメールについては、メールとともに、電話を入れるようにしましょう。


≪特選外部サイト≫
フランチャイズビジネスで独立開業をしたい方を募集しているサイトです ⇒ フランチャイズ

Copyright © 2014 ビジネスマナー All Rights Reserved.